EC-CUBEインストール後、SSLに変更

EC-CUBEをインストールするとき、途中でセキュアURLを聞いてくる画面がある。
EC-CUBEは、SSL化しなくても、まったく問題なくそのまま動く。
運用前とか、事前準備の都合上、あとからSSL化しなくてはならない場合も多いのではないでしょうか。
もう、SSL化していないECサイトなんて、時代が許さなくなってきている。。。と思う。
ふつうのお問い合わせフォームでも、大企業では当たり前になってきているから。

SSLの申し込みに関しては、各レンタルサーバ会社が代行してくれるところが多いので、非常にらくちんです。しかも、そういう経路で申し込んだ方が、価格も安かったりと。
僕は低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


を使いました。
安くて、サーバ管理画面もサクサク動くし、わかりやすいインターフェースでけっこういい。
なんつってもワンクリックインストールがいい。

そしてSSLの認証局への申請代行もスムーズだった。
そこまではね。

しかし、いざサイトに設置となると、そこはEC-CUBE管理者でしかできません。
静的ページばかりなら、URLをhttpsに書き換えていくだけなんだけど、EC-CUBEならどうなるのって思った訳ですよ。
インストールし、すべて設定をおえ、デザインもカスタマイズし、さて運用!
その後、SSL化の必要性がでてきて、おぇ〜!最初(インストール時)にやってればよかったぁっていう人ってっけこういるのではないでしょうか。初心者は絶対そうでしょ。ボクもそうでした。

<環境>
ec-cube バージョン 2.4.2
php 5.16
MySQL 5.0.77

<方法>

1 サーバ管理ページからファイルマネージャより、

httpdocs > data > install.php のファイルを開く。

2 define (‘SSL_URL’, ‘http://ドメイン名/’);

  ↓

  define (‘SSL_URL’, ‘https://ドメイン名/’);

これでおわりでした。
長々といろいろ書いたけど、たったこれだけでした^^; いやあかんたんでヨカッタ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です