災害→福島原発とツイッター

これから先、日本が経済活動において世界とつきあっていくに、かならずきびしい立場になるであろう福島原発問題。

韓国ではもう、放射性物質が飛散してるなんて、デマもとびかっています。

無知も甚だしいですが、しょせん、一般人の知識なんてこの程度です。

いま重要なのは、我々日本人が、(原発の是非は別問題として)原発の初歩的な知識を持たなければならないと思います。

今回の災害で、ツイッターがかなりの役割を持ったと僕は感じています。

ツイッターを日々使うかどうかはおいといて、先日・・・
「こういうメディアがあって、その使い方くらいはしっておいたほうがいいですよ」
と僕が言うと
「そんなもん、責任のない人間が勝手に流している情報じゃないか。」
と言い返されました。
役立つなんて思ってる奴の気が知れん!ともとれる言い様でした。

たしかにそういう側面もありますが、取捨選択は読み手のリテラシーの問題です。
情報がたくさんあるにこしたことはありません。

まさに「情報を制する者が、○○を制す」るんです。
○○は、その時々で差し替えてください。

一方通行なメディアしかなかった時代から、ソーシャルメディアの台頭により、より有用なインターネットの時代がやってきたことは、違いなく喜ばしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です