スマホをトランシーバーやインカムのように使えないかなって思った

スマホをトランシーバーやインカムのように使えないかなって思った。
きっかけは、仕事上、防音室で区切られた別室との担当と会話のやりとりを、スマートにこなせないかなぁと思って。

スマホ、カケホーダイの時代だし、電話すりゃいいんだけど、またスカイプとかLINEとか目的を達成する手段はほかにもいろいろありそうだけど、とにかく

・シンプルなUIで
・通信はキャリアをつかわずBluetoothで
・バッテリーの負担も多すぎずに
・オペレーションはトランシーバーのような感じで

という条件で探してみると、ピッタリなアプリがあった。

「Push to Talkアプリ」ってな言い方のものらしい。

slooProImg_20150226132158Zello Walkie Talkie

使い方はかんたん。
当然、まずZello Walkie Talkieアプリをインストール。
もちろん無料。
appstore-300x101

googleplay

こんなUIのアプリです。
ほら、真ん中おして話すだけ!ってことが一目瞭然ですね。
なにも迷うことなし。
20160220043231

「押してるあいだ話せる」という設定と、「一回、押してON」話して「再度おしてOFF」ってな設定にもできたりするけど、トランシーバーのような操作感がほしかったのでデフォルトのままでOKです。
0.5秒くらいタイムラグあるけど、0.5秒は支障きたすほどではない。

LINEのような感じで、通信相手を登録します。
いいねぇ。
めっちゃ使えるアプリだと思う。

アメリカ産、
日本語対応で、
インストール無料、
操作はカンタン、
マイク付きイヤホンつかえば、
インカムのように使える。

ネーミング募集・・・じゃなくて、Zello Walkie Talkie ちゅう名前でしたね。

お安いマイク付きイヤホンは手に入れておくと良いのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です